記憶

2005年04月16日

記憶(4)

脚本決定まであと45日。昨日のコメントは、濃かったですね。何度も読み返しました。「記憶」というテーマはそれほどボクらを魅了してやみません。なぜなら、それはボクら自身だから。

美和さん、テツヤさん、Kuniさん、コメントありがとうございました。こんなふうにブログ上で交わされた言葉が映画の中にすんなりとしみこんだら、最高ですね。静かに胸躍ります。

美和さんの「うぶ様の水」、名前を聞くだけでなつかしさがこみ上げてきました。「うぶ=産ぶ=初ぶ」という言葉が発する、幾重にも重なったイメージのせいでしょうか? 土曜の朝から、すっかり連想モードです。

「記憶」から「身体感覚」、更にはKuniさんの「魂のDNAに蓄積された遺産」にまで話が発展しましたので、更に掘り下げてみます。その先にほの見えるのは、三大キーワードのひとつである「体感系」です。

「身体感覚」は、「説明」によって伝えることが出来るのでしょうか?

例えば、夢中だった人に無残にふられ、心が文字通り千切れてしまったとします。その「痛み(という身体感覚)」を誰かに分かってもらいたいとき、あなたはどうするでしょうか? どうすれば、分かって(分かち合って)もらえるでしょうか?

黒川裕一

at 09:48|PermalinkComments(1)

2005年04月15日

記憶(3)

脚本決定まであと46日。「記憶」について話が盛り上がってきていますね。たかやさん、りかさん、コメントありがとうございます。一緒にこのブログ、そして映画をつくっていきましょう。これからもよろしくお願いします。

さて、「記憶」とは、そもそも何でしょうか?

ボクなりの言葉にすると、「身体感覚の蓄積」です。「知識」や「情報」として記憶しているものすら、その理解には身体感覚が必ず伴うと思うからです。例えば、「スマトラで大地震が起きた」という情報。これが「ス・マ・ト・ラ・で」という文字の単なる羅列を超えて意味のあるものとして理解されるためには、地震の揺れ、それによって引き起こされる恐怖感のような身体感覚が不可欠ではないでしょうか?

つまり、「記憶」という脳内現象は、身体と不可分。

本日、友人から以下のようなメールが届きました。「五感は自然の中で研ぎすまされていくようなイメージがあります。自然の中で研ぎすまされた五感はそれ以外の状況、例えば物との出会いにおいても重要な役割を果たすかもしれません」。

みなさんのコメントにもあるように、「記憶」は自我や人間らしさの根幹を成しています。そして、上で述べたとおり、それは身体という最も身近な「自然」と切っても切り離すことができないのです。身体を使わない、自然の中に出て行かない今日のライフスタイルは、ボクらの「記憶」をとても貧しいものにしているのかもしれませんね。

とりあえず、今すぐちょっと歩きますか…。

黒川裕一

追伸
次の「アイデア出しの集い」は、17日(日)午後3時から4時半まで。会場は白川わくわくランドです。ご参加をお待ちしています!

あなたの思いが、映画になる。


at 11:16|PermalinkComments(3)

2005年04月14日

記憶(2)

脚本決定まであと47日。このブログを書き始めてから2週間。ブログランキングに登録してから1週間。

皆様のおかげで瞬く間に3位にまでのぼりつめ、その効果も手伝い、アクセス数がうなぎのぼりとなっています。本当にありがとうございます。

言うまでもなく、ランキングで上位となることはこのブログが多くの方の目に触れるようにするための手段にすぎません。目的は、あくまでも革命成就です。ここを見誤ることなく邁進いたします。

右のリンク集の最下段「最新ブログランキング」をクリックしていただくとポイントが加算され、ランキングがあがる仕組みとなっています。日誌を読まれた後、日々エール代わりにクリックしていただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

さて、「記憶」について、みなみさんよりコメントを賜りました。ありがとうございます。

「おぼえられない」と「おもいだせない」。みなみさんは後者を選びたいとのことですが、この問題は実に悩ましい。というのも、「おもいだせない」方を選んだ場合、「おぼえる」方にまで大きな影響が出てしまうからです。

ボクらは記憶(おぼえていること)をもとに、世界と関わっています。レストランでチーズケーキを食べたとしましょう。「子どもの頃、母さんがチーズケーキをよくつくってくれた」という記憶を持っている場合とそうでない場合では、食べたときの味わいが違いますよね? 従って、「おもいだせない」ことによって、味わいの「おぼえられ方」が変わってしまうのです。ううむ。

さて、どうしましょうか?

黒川裕一


at 15:45|PermalinkComments(2)

2005年04月13日

記憶

脚本決定まであと48日。出張から無事戻りました。

昨日の「視覚おそるべし」について、早速たくさんのコメントをいただきました。ありがとうございます。その中でえみさんが触れている「山田テツヤ」さんと、昨日は東京でたっぷりアイデアを交換させていただきました。

彼のあふれる才能については、論より証拠。右のリンクをクリックしてみてください。

テツヤさんとは知り合ってまだ半年あまり。出会った瞬間、すぐにも一緒に何かを企てるだろうと確信。何気なく言葉を交わすだけでいいアイデアが引き出され、ワクワク、ゾクゾクすると同時に心安らぐ稀有な存在です。近々熊本にも来てくださる予定ですので、お楽しみに!

昨日のテーマは、「記憶」。テツヤさんに「今一番気になっていることは何ですか?」と聞いたところ、すぐに返ってきたのがこの言葉。ボクのアイデアノートにも最重要ワードのひとつとして書き込まれており、即決定。

紙や活版印刷術の発明からIT革命に至る、「記憶から記録へ」のパラダイムシフト。より正確な「記録」の共有によって、人類全体の知的生産性は加速度的に向上し、文明は今に至っています。その一方で、「記憶」が舞台の脇へと押しやられてはいないでしょうか? 「記憶する存在」であったはずのヒトは、今や「記録する存在」におとしめられてはいないでしょうか?

話し合いでは、テーマをトピック化するために、いろいろな「問い」を立ててみました。例えば、以下のような感じです。

「(新しいことを)おぼえられない」と「おもいだせない」。どちらか一方を選ばなければならないとしたら、あなたはどちらを選びますか? それは、なぜですか?

黒川裕一

at 14:03|PermalinkComments(1)