2005年11月

2005年11月30日

こころのゆとり

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと60日。  ストマックさん、りり♂さん、コメントありがとうございます。

ストマックさんが石野のシーンから受けられた印象(リアリティの欠如)は、「そのものズバリ」です。本編をご覧になればすべての疑問は氷解するはず。お楽しみに。

りり♂さん、いつもいつもご声援ありがとうございます。おおせのとおり、がんばります。これからもかわらずよろしくお願いいたします。


東京でHINAMIを応援してくださっている飯島ツトムさん(本編のラフカットを3週間ほど前に見ていただいています)からも、メールにて激励を賜りましたのでご紹介します。

<引用ここから>
お疲れ様です。
映画制作浴お楽しみいただいていると思います。
ちょうどいい湯加減になっているのでは、と推測しました。

この映画は確かな今が映し出されています。
リアルに手を伸ばしてさわろうとする人、
リアルワールドの前でたたずむ人、
リアルが甦って呆然とする人、
ひとり・ひとりの息づかいが、聞こえてきそうです。
この点に更に磨きをかけることですね。

見終わったあとの鑑賞者のこころの動きまで気をくばって、余韻の時間のほのあたた
かさを実現できたらいいですね。背中に大好きな人の手のぬくもりを感じるように・・

あと一息こころのゆとりをもってまとめ上げてください。
<引用ここまで>

エール、確かに拝受しました。こころのゆとりを忘れず、全力でまい進します。


予告編のページはこちら


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 16:46|PermalinkComments(2)制作日誌 

2005年11月29日

突き抜けました

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと61日。  みなこちゃん、コメントありがとうございます。自分が出ているのを見るのは照れくさいものですよね? ボクもアメリカでは友人の映画などによくかり出されたものですが、やっぱりカメラの後ろにいるのが性に合っているようです。今週末にはみなこちゃんのもう一役、サツキ編をアップします。お楽しみに!

予告編のページはこちら


編集が、ついに突き抜けました!

納得がいくところまでもう一息との確信を、ついに昨夜得たのです。実は、この2週間ほど「行けそう」という予感はあるもののなかなか具体的な形にならず、最後の産みの苦しみを味わっていました。

でも、もう大丈夫。全体のリズムがいい感じに整いつつあります。あとは音や映像を磨き上げるのみ。12月10日のプレス試写には、どうやら半完成品が間に合いそうです。

編集を始めてから3ヶ月弱。何度壁にぶつかったことか。それもいい思い出になる日が近づいています。おかげで少々興奮気味。

編集に戻ります・・・と書きかけたところで、関西在住の仲間であるかずきくんがHINAMI関西上映会を本格始動したことを知りました。なんと2月中に上映することが既に仮決定ずみとは。動きが早い。さすがです。今後はこちらのページもぜひともチェックしてくださいませ。

熊本チームも負けていられません。1月28日のプレミア上映はなんとしても成功させねば。

今度こそ編集に戻ります。
 

黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 04:46|PermalinkComments(2)制作日誌 

2005年11月28日

予告編上映ふたたび

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと62日。  予告編その2・ミナ編はもうご覧になりましたか? 今後続々と予告編が追加されていくのを想像すると我ながら楽しみで、なにかと力が入ります。

昨日も、くまもと県民交流館パレアの会議室にて予告編のデモ上映とチケット販売へのご協力のお願いを行いました。主催してくださったのは以前から何かとご協力を賜っている熊本の若手経営者で、「熊本を映画づくりのカンヌにするために一肌脱ごうではありませんか」と呼びかけてくださいました。上映後も「内容的に大変期待できる映画だと感じました。とても楽しみです」とメールを下さり、恐縮しています。

先日の予告編上映会を主催してくださったのは、僭越ながら「年の離れた親友」と呼ばせていただいている、還暦を過ぎた社長さん。こうして、人生の大先輩から年の近い兄のような方まで、本当にさまざまな人がご協力くださって輪が広がっています。

「がんばれ」とおっしゃってくださるだけでも、ありがたい。このブログやホームページを見てくださるだけでも、チケットを1枚買ってくださるだけでも、ありがたい。ましてこのように自ら動いてくださるのは、感謝のしようもないほどありがたいことです。本当にありがとうございます。

編集中不覚にも睡魔に襲われ、椅子の上でくたばっていたはずが、気がつくと床の上。でも、おかげですっかり目が覚めました。体調、いたって良好です。

かかわってくださる全ての皆様に感謝しつつ、今日も一日楽しくがんばります。


予告編のページはこちら


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 02:17|PermalinkComments(1)制作日誌 

2005年11月27日

予告編2?ミナ編

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと63日。  貴子さん、コメントありがとうございます。この映画革命の最大の原動力、そして財産は、おっしゃるとおり「人」。編集作業に没頭しているとついつい自分の世界にはまりこんでしまいそうですが、原点を忘れないようにしたいものです。


お待たせしました! 予告編の第2弾は、ミナ。20歳。女性。薄暗い部屋から一歩も出ない。母親が食事を持ってきてもドアすら開けない。友達はぬいぐるみとパソコン。外界との唯一の接点は、分厚いカーテンのすき間から窓の外を眺め、夢想すること。

キャラクター設定上、全体に画面が暗く、ストリーミング用に圧縮をかけた結果画面が若干荒れてしまいました。待ち時間なく快適に見ていただける範囲では最高の画質ですのでどうぞご理解くださいませ。

「HINAMI」は主人公が8人もいる超群像劇。予告編はまだまだ続きます。お楽しみに!

予告編のページはこちら


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 10:53|PermalinkComments(0)HINAMI予告編 

2005年11月26日

アドレナリンが

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと64日。  今夜(昨夜)のプレイベントは大成功。大画面、大音響の予告編に、50名を超える参加者一同大満足のご様子。人生の大先輩たちから身に余るあたたかいお言葉を次々に賜り、恐縮してしまいました。ある方など、「おるが生きとる限り必ずたすくっけん(オレが生きている限り必ず助けるから)」とまでおっしゃってくださり、返す言葉がありませんでした。

これほど多くの善意と励ましに支えていただいて、この映画が成り立っている。震えるほどに身が引き締まる思いです。疲れているはずなのですが一向に眠気がやってこないので、ブログを更新したら編集に取り掛かります。

アドレナリン、出っぱなし。


予告編第1号・石野編をまだ見ておられない方は、今すぐこちらを。第2弾は明日にもアップ予定。お楽しみに!


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 00:55|PermalinkComments(1)制作日誌