2005年07月

2005年07月16日

他に何が

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと23日。 今、午前1時を回ったところです。今日は一日中、気が立っていました。何一つ手を抜いたわけではなく、得意の昼寝をしたわけでもないのに、数時間後に迫ったプレ撮影の準備にこの瞬間まで全く取りかかれなかったからです。

でも、ようやく終わりました。これから取りかかります。

それでいいと思ったら、気が楽になりました。


プレ撮影では、オーディションに来てくれた子供たちと再会します。
楽しみです。


脚本もできたことだし、これからしばらくはプレ撮影ざんまい。その結果をもとに脚本を最終調整します。


本番前に、出来ることを全てやる。
他に何が出来る。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


2005年07月15日

映画業界の現実

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと24日。 リハーサル前の脚本が確定しました。最終投票以来約一ヵ月半でここまで来たかと、感慨もひとしおです。役者さんとのやり取りを経て、更に進化すること確実。楽しみです!


さて、友人の紹介で、こんな記事を見つけました。

「映画監督」のカネと人事 ? 演技指導力があってもダメ、企画力もムダ、「資金調達力」がないと1本も撮れない

<前略>

日本映画が斜陽になった60年代以降で、これだけ映画を撮り続けている監督は、まず見当たらない。何よりも『男はつらいよ』シリーズを中心に、ヒット作を作り続けた監督としての力量あってこそだが、同時に松竹の専属監督という立場がなくては、続けられなかったに違いない。

<中略>

万一、あなたが退職後、大勢のスタッフや、女優陣、エキストラを指揮して、思うさま好きな映画をつくることを夢見ているとしたら――。退職金をはたくことなど考えず、お孫さんを相手にビデオカメラを回し、わがままな俳優をいかに操るかを楽しんだほうが賢明というものだろう。

<引用ここまで>


これぞ、映画業界の現実。

だから、やめておく?
だからこそ、やってやる?

後者だけが、時代を切り開くのだと信じています。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


2005年07月14日

軸をしっかり

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと25日。 昨日の続きです。

ボクは、山形からの映画革命を心から歓迎しています。だからこそ、ボクらが結果をしっかり出さねばと思っています。

おもしろくなければ、安くても、見ない。
おもしろければ、ちょっとくらい高くても、見る。

違いますか?

値段の高低は「見ようかな」と思った後に初めて問題になるわけで、そう思ってもらえなければそもそも問題になりようがありません。

だから、いいものをつくることに力を注ぐ。
ここから軸をぶれさせないこと。
映画革命を成功させるには、それが不可欠。

日本のマンガが「文化」にまで育ったのは、手塚治虫がいたから。
日本のアニメが世界を席巻しているのも、マンガ文化が下地にあってこそ。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


2005年07月13日

山形からも

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと26日。 昨日、正式決定したタイトルをご報告したら、山崎さん、りり♂さん、光田さん、篠田さん、てらもさんからすぐさまコメントが。ありがとうございます。

りり♂さんはお気に召さなかったようですが、そういう意見も率直に言えるのはとてもいいこと。イエスマンしかいなくなったら、このプロジェクトはそこで止まってしまいます。りり♂さん、今後も厳しくもあたたかいご意見をお願いします。


<映画革命>大人も子供も500円 ライブドア子会社が運営
「山形からはじまる、映画革命」をキャッチフレーズに、500円で観賞出来る「ファイブコインズ・シネマ」1号館(山形市)が2日のオープンを前に、1日、関係者を集めた試写会が開かれた。フィルム上映より設備投資などが安価なことに着目したライブドアの子会社が運営し、来年末までに全国20館のオープンを目指す。 (毎日新聞) - 7月1日20時17分更新?http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050701-00000121-mai-soci


やはり。そうなるのは必然なのです。

いろんなところで、いろんな映画革命が、同時に起こる。
理由は単純。テジタル技術がどんどん安価になっているから。
映画は手を伸ばせば届くところに来つつあるのです。
それを敏感に感じ取った者たちから順番に動き始めているということ。

楽しくなってきました。


明日、続編を書きます。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


2005年07月12日

タイトルが決まりました

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと27日。 朝です。ちょっと眠いので、これを書いたら一休みします。


「サンズ」という仮題のままでここまで来ましたが、ついにタイトルが決まりました!

「萬花郷」(まんげきょう)です。


花の数だけ色があり、人の数だけドラマがある。

人がそれぞれの花を咲かせる場所。
それが、萬花郷。

人々が交わり綾なす世界。
それが、万華鏡。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。