2005年05月

2005年05月31日

脚本決定

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


ついに、映画革命第1作の脚本が決定いたしました。
(詳細はこちらをご覧ください)


4月1日にのろしを上げてから、2ヶ月。
かかわる全ての者たちが、それぞれにあったかかわり方でかかわり、力をあわせ、ここまできました。

今後は、脚本づくりのつどい全国縦断オーディション(東京、大阪、福岡、熊本を予定)、そして撮影。

撮影開始予定日は8月8日(月)です。

撮影開始まで、あと69日。


初心を忘れないよう、HPのトップページに記した宣言文を再掲します。


ひとりの天才よりも、百の凡人。

力のあわせ方を知りさえすれば
誰だって
何だって
つくれるはずだ。

みんなでつくろう
みんなで楽しもう。


ボクらがどんな時代に生き
何を感じ
分かち合ったのか

足跡にするのだ。

次につなぐのだ。


ハリウッドがリメイクを申し出るような映画が次々と生まれ
人材が育ち
熊本が映画界のシリコンバレーと化す。

そのときボクらは、夢や希望と同時に、静かな自信とプライドを手に入れる。


映画ではなく、文化をつくる。
ボクらには、それができる。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 15:47|PermalinkComments(3)制作日誌 

2005年05月30日

最終投票、無事終わりました!

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


脚本決定まで、あと1日。 昨日の最終投票、すばらしく盛り上がりましたね。ご足労いただいた106名の方に、この場を借りて心から御礼申し上げます。

22日の「アウトライン化の集い・FINAL」で不在者投票をしてくださった方が、18名。オンラインで投票してくださった方が184名(うち、FAXでの投票1)。これから脚本を書くという段階で既に総計308名もの方に「票を投じる」という形でかかわっていただき、本当にうれしく、ありがたく思っています。

投票結果、脚本決定の経緯、そして今後の予定は全て明日ご報告いたしますので、楽しみにお待ちくださいませ。


昨日司会を務めてくださったようこさんから、以下のようなコメントを賜りました。ありがとうございます。

「今日の投票では、受付に印刷からあがってきたばかりの資料をみなさんに配っていましたが、それが回収されたときには、人の手にふれられ、じっくりと読み込んでもらい、真剣に選んでくださった空気がふくまれて、厚みと温かみのある資料になって返ってくる様に、ちょっと感動を覚えました。ものづくりは、人にさわってもらわないと完成しないもんなんだなぁ、と妙に納得しましたね」

ものづくりは、人にさわってもらわないと完成しない。

これを読んだときに思い出したのは、10年以上前にお世話になった、ある庭師のことば。「松の木をいじらせれば天下一品」といわれたこの方曰く、「松ってのは、風雪に耐えるほど、枝がしなって味が出てくる。若い松をいじるときには、この『味』をまねるわけだが、年月を重ねた老木には勝てやしない」

松が年月を重ねるように、もっともっと人にさわっていただいて、いい作品にしていきたいですね。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 12:57|PermalinkComments(2)制作日誌 

2005年05月29日

道まじわる

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。

脚本決定まで、あと2日。 今日はいよいよ最終投票です。

日時: 5月29日(日)午後1時より2時 投票受付  3時より開票
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

第1次選考を通過した9本のアイデアについて、内容やイメージをしっかりつかんでいただけるよう、これまでの話し合いを踏まえた詳細な資料をご用意しました。お誘い合わせの上、ぜひご来場くださいませ。必ず、「何か」が起こります。


オンライン投票は本日午前10時をもって締め切らせていただきました。投票総数183票。投じてくださったおひとりおひとりに心から感謝いたします。

京都在住のある女性は、パソコンをお持ちでないのでご友人に投票ページをプリントアウトしてもらい、FAXにてご投票くださいました。お骨折り本当にありがとうございました。しっかりカウントさせていただきます。


美和さんコメントありがとうございました。今日の投票のことを高校生に突撃宣伝? さすがです。見習います。

ボクもビラを配ったり、署名を集めたりしたことがありますが、思い出してみると全て出会いの機会でした。そんなきっかけでもなければ何の接点もなかったかもしれない人々に話しかけ、話を聞かせていただき、そのたびに不思議な気持ちがしたものです。

「同じまちに住んでいながら、どうして今までこの人と何の関わりもなかったんだ?」

歩いたあとに、道ができる。
そして、まじわる。


このプロジェクトを通して道まじわらせていただいているおひとりおひとりとのご縁に、心から感謝します。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。

at 10:59|PermalinkComments(2)制作日誌 

2005年05月28日

「忙しい」とは

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。

多数の方々のご希望に従い、脚本決定のためのオンライン投票が出来るようにいたしました! 期限は29日(日)の午前10時! 今すぐこちらへ! 

29日の最終投票@熊本市中央公民館にご来場を予定されている方、ならびに22日の不在者投票をお済ませの方の票も有効となりますのでぜひご投票ください!



脚本決定まで、あと3日。 オンライン票がもうすぐ100票に届きます! わずか3日のうちに、すごいですね。ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。まだお済ませでない方は、今すぐこちらを。


なかざと宏さん、コメントありがとうございました。「年も社会的立場も、主義主張も違う人が集まって、なにか一つのことに向かい『場』を共有する、そのことが先にあり、結果として『映画』が生まれる」・・・、まさにその通りですね。ならば、よき「場」があってこそ、よい「映画」が生まれるはず。みんなでそんな場をつくっていきましょう。


昨日、ふと思ったことがあります。

最近、かなり忙しい。
「忙しい」は「心を亡くす」と書く。

でも、それは、よく言われるように「(忙しさのあまり)人としての心を失ってしまう」という意味ではなく、
「(充実した生活ゆえに)いい意味で我を忘れる」ということではないだろうか。

そんな時間を今この瞬間に過ごしていることを幸せに思います。


黒川裕一


いよいよ明日は、最終投票。 脚本が決まります。

日時: 5月29日(日)午後1時より2時 投票受付  3時より開票
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

お誘い合わせの上、ぜひご来場くださいませ。


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。

at 10:39|PermalinkComments(1)制作日誌 

2005年05月27日

監督のいない映画

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。

多数の方々のご希望に従い、脚本決定のためのオンライン投票が出来るようにいたしました! 期限は29日(日)の午前10時! 今すぐこちらへ! 

29日の最終投票@熊本市中央公民館にご来場を予定されている方、ならびに22日の不在者投票をお済ませの方の票も有効となりますのでぜひご投票ください!



脚本決定まで、あと4日。 オンライン票が既に60票を超えました。結果に十分影響を与えうる数に届きつつあります。ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。まだお済ませでない方は、今すぐこちらを。


昨日から本日にかけて、本当にたくさんのコメントをいただきました。ありがとうございます。

miyajiさんは、「鬼が来た!」に出演されたのですよね? あの「歴史」がつくられた瞬間に立ち会われた方とこうしてつながることができるとは! ますますのご活躍、心からお祈りしています。

えぐちけんさん、来月福岡でオーディションをする予定です。その折、ぜひお会いしましょう!

がんさん、投票ありがとうございました。これをご縁に今後もよろしくお願いいたします。

えみさん、「私の1本」のご推薦、ありがとうございました。「アンダーグラウンド」はボクも大好きです!


美和さんからは、「皆に当事者意識、つまり『自分も一翼を担っているんだという確信』を持ってもらうことができた時点で、リーダーの仕事は半分済んだも同然です」とのコメントをいただきました。ボクもそう思っています。

ただし、ボクは自分のことをこのプロジェクトの「リーダー」(牽引者)だとは思っておりません。イメージとして最も近い言葉は、「触媒」。かかわる全ての人たちの間で起こる化学変化のきっかけであり、促進剤。そんな感じです。

だから、「監督」というポジションをこの映画からは除いてしまおうと考えています。あえて肩書きをつけるならば、「まとめ役」。

史上初の、監督のいない映画。
それ自体、革命的。


黒川裕一


いよいよ今週末は、最終投票。脚本が決まります。

日時: 5月29日(日)午後1時より2時 投票受付  3時より開票
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

お誘い合わせの上、ぜひご来場くださいませ。


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 10:10|PermalinkComments(1)制作日誌