悲鳴積み重ね

2006年03月31日

映画だけでなく

HINAMIのホームページ
HINAMI2006の作品アイデア募集←あなたのアイデアが映画になる!(→本日締切りました。投稿ありがとうございました。
----------------------------------------

映画「HINAMI」上映会

東京、京都とも、無事終了しました。ありがとうございました。

*ウチの近くでも上映会を!という方は、こちらまで。
----------------------------------------

ブログランキング←一日一押し。お願いします!
----------------------------------------
手ごたえ。昨日は、熊本市の幸山市長をお招きしての「熊本市政検証会」のコーディネーターを務めさせていただきました。

このイベントにおけるボクの課題はひとつ。「政治イベントだって(と言っては失礼かもしれませんが)、設計と運営次第でワクワクするものになる」。

超参加型HINAMI方式のノウハウを最大限に活用した結果、「これまでの政治イベントとは全く違う」「2時間があっという間だった」「主体的に参加したという実感がはっきりとあった」との評価を多くの参加者からいただきました。

違いは、お題が「映画」か「政治」か、ただそれだけ。面白く出来ないはずがない。

そう信じて臨みましたが、結果がでて本当によかったです。スタッフの皆さん、次につなげましょう!


東京からのコメント、まだまだ行きます!(これまでお寄せいただいたご感想の数々はこちら!)

「最後までみられなかったんだ!すごい気になる。見ていくうちに場面が徐々につながっていくところがすごい不思議でもあり、そういうことだったんだ!と納得。私が前みた夢なんだけど戦争中にタイムスリップしちゃって私だけ原爆が落ちるのを知っていて一生懸命逃げて!!!と叫んだんだ!それをなんか思いだし似た感覚なのかな。奥深い作品でコップを割る妊婦の気持ち、ひきこもりの子の気持ちなんとなくわかる感じ!いつかうちの子を映画にしてください!」(20代 女性)

HINAMIをより大きく育てるために、あなたのご意見が必要です! コメントに対する再コメントもぜひ。どうぞよろしくお願いいたします。


黒川裕一



at 12:23│Comments(1) 「HINAMI」感想 

この記事へのコメント

1. Posted by 貴子@検証会   2006年03月31日 20:03
熊本市政2006公開検証会のコーディネーターお疲れさまでした。ほんっと盛り上がりましたね!!
今回の試みは「超参加型&体感型」、そして政治に全く無関心の方を含む10代から、政治に関心の高い中高年までと幅広い参加者。
難しい話を聞くだけの討論会よりも、わかりやすい、そしてちゃんと参加できる場の方が断然おもしろい!!
そう、これからの討論会はHIMAMI式!
昨日から、ここ熊本で新しい討論会の提案が生まれちゃいました!(しかも、この設計は映画や政治だけでなく様々なイベントにも共通するのです。)
コーディネーターの黒川さん、
参加者のみなさま、ありがとうございました。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
悲鳴積み重ね