遠方よりアイデア出しへ

2006年03月01日

朝が来て

初めてこのブログを読まれる方、「映画革命HINAMI」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


東京、関西と上映会が続きます。
どちらも座席数に限りがありますので、事前申込が必要です。

東京上映会はこちら
関西上映会(3月26日)はこちら


がんばれ、HINAMI! ブログランキングのページはこちら
(ブログランキングの仕組みはこちら


眠れず。アメリカで一緒に武道の稽古に励んだ友人Scottと、1日がかりで英語字幕を完成。作業を終え、最初から最後まで見直し、ふと気がつくと午前5時を回っていました。楽しすぎて目が冴え、眠るどころではなく。

2度目の鑑賞を経た彼の感想を。(英語なので、日本語に翻訳します。これまでお寄せいただいたご感想の数々はこちら!)

「昨日の夜に『HINAMI』を初めてみてからホテルに帰ったけれど、映像と音声がフラッシュバックして眠れなかった。自分の頭の中で何度も繰り返して、分かってきたこととまだ分からないことがあって、とにかく何度でもみたいと思った。

 2回目に見たときには、昨日気づかなかったものにいっぱい気づいた。次々にナゾが解けていく感じで、とても面白かった。DVDを売るつもりはないそうけど、繰り返しみたい人のために何かサービスを考えるべきだと思う。

 何度も出てくるひまわりのショットの意図と使い方に気づいたときには、思わず声をあげた。とても東洋的で、おもしろい。それと、金魚鉢とか白い車とか、象徴的な意味が込められたものが本当にたくさん出てくる。おとぎ話みたいで、これもすごく面白い。赤や黄色をはじめ、色の使い方が意図的なのは明らか。これらが何層にも重なっているのが分かれば分かるほど、おもしろくて、ボクもこんな映画をつくりたいと思った。

 それと、この映画の世界観はとても仏教的だと思う。西洋人のボクにはそれがとてもおもしろくて、この映画のせいでものの見方や考え方が多分変わると思う。心のとても深い部分に刺さる感じで、こんな気持ちには映画をみればいつでもなれるわけではない。

 今は英語の先生をしているけど、本当にやりたいのは物語を書いたり映画をつくったりすること。そのために時間を有効に使わなければと本当に強く思った」(30代 男性)

HINAMIをより大きく育てるために、あなたのご意見が必要です! コメントに対する再コメントもぜひ。どうぞよろしくお願いいたします。


黒川裕一


あなたも上映会の主催者に!
HINAMIの映画は、「みんなでつくり、みんなでひろげ、みんなでみる」。
誰でも簡単に主催できますので、お気軽にメールにてお問い合わせくださいませ。
あて先はこちら


at 11:27│Comments(3) 「HINAMI」感想 

この記事へのコメント

1. Posted by ice   2006年03月01日 12:45
すばらしいコメントですね。
ますますhinamiが深みを増しますね。
2. Posted by epiphany   2006年03月01日 21:24
iceさんの仰るとおり素晴らしいコメントですね。
Scott氏もこれだけ自分の思いを巧みに表現できるとは大したものですね。
それを壊さず翻訳するの、しかり。
耳で台詞を聞くのと、字幕を読むのでは、使う感覚が違うので、理解の仕方が違ってくるかも知れませんね。
字幕版も見てみたいところです。
しかも、Scott氏は、前日よりご自分がなさりたいことへの執着が強くなった様に感じました。
これも「映画した。恋したくなった。」のHINAMI効果でしょうか?
3. Posted by オーシャンズ22   2006年03月02日 21:55
DVD化がないのはちょっとショックかな、一回目より二回目のほうが圧倒的に面白かったのに・・・。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
遠方よりアイデア出しへ