おお子供たち関西オーディション速報

2005年06月28日

関西に入りました

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと41日。 不知火さん、にんにんさん、コメントありがとうございました。エール、本当に心強いです。これからもよろしくお願いいたします。

昨日無事関西に入り、直ちに関西でオーディションの広報を手伝ってくださった方々と懇親させていただきました。遅くまで、本当にありがとうございました。皆さんおひとりおひとりのご尽力なしに、関西地区で100名近くのお申し込みを賜ることはありえませんでした。この場を借りて心から感謝申し上げます。

しかも今、協力者のひとりである山田竜也さんのご自宅に泊めていただき、こうしてブログを更新させていただいています。こんな時間に・・・。今、午前3時を回ったところです。

感謝の気持ちは、作品で。どうか楽しみにお待ち下さい。


黒川裕一

全国縦断オーディション。広がる出会いと可能性。お申し込みはこちらから!

みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 03:04│Comments(3) 制作日誌 

この記事へのコメント

1. Posted by かずき   2005年06月29日 00:53
どうも今日はお疲れさまです。今keikoさんのパソコンからコメントさせてもらってます。
1つ、たくさんの意識の高い人に出会えたことすごく嬉しいし、話していて楽しい。
1つ、脚本がすごくいいものになりつつある!第一稿は読んでいたんですが、第五稿を読んでびっくり。もう作品として立派なもの。でも攻めの姿勢を続ける。ひたすらに「みんなで作る方式」のおそろしさを実感しています。それにいろんな人とつながる。
今日オーディション現場に顔をつきあわせて、こりやあぁすごいものができると確信しています。
それではまたあした。大阪にて。
2. Posted by Keiko   2005年06月30日 01:33
かずきのコメントを受けて。
黒川さん、今回も本当にありがとうございました。大阪オーディションをお手伝いできてよかったです。なぜなら、
1つ、かずきの人間性に触れられたこと。
1つ、そのおかげで、ひねくれた心を少しずつ直していこうと思えたこと。直すための方向性がわかったこと。
1つ、それは映画作りというこの場があって初めて気づけたこと。
受けた衝撃が大きすぎて(?)地下鉄反対路線で待ったり乗り換え忘れて特急逃したりで大変でした。東京の大成功を祈ってます。
3. Posted by ゆうこ@大阪責任者   2005年06月30日 01:36
大阪オーディションお世話になりました。私からもこの場をかりて御礼を!
当日は予想通り全くお手伝いできずに申し訳なかったのですが、事前partyや深夜の山田邸交流会をお楽しみ頂き、嬉しい限りです。企画者冥利につきます。
山田君には私からも御礼を伝えます。
次は大阪で上映会だーーー!!!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
おお子供たち関西オーディション速報