2005年05月16日

おねーちゃんとサラ金

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと15日。先日発した「問い」について書きます。すなわち、

「文化をつくる」とは、何をどうすることか?

その前に、「文化とは何か」についてはっきりさせる必要がありそうですね。

20代の大半を外国で暮らしてじわじわと分かってきた気がすることがあります。それは、例えば、以下のようなことを透かして見えてきました。
(1)熊本の繁華街の薄暗い裏通りを、深夜、ミニスカートにかかとの高い靴のおねーちゃんが、酔っ払って平気で歩いている。
(2)某サラ金の社長の功績を一言で要約すれば、「『日本人って、担保がなくてもちゃんとお金を返してくれる民族なんだ』と気づき、それを『サラ金』というビジネスモデルに仕立て上げたこと」だそう。

(1)については「アメリカならばどんな目に遭うか知らないよ?」とは思うし、(2)も「でも結局サラ金ってかなりアコギな商売なんでしょ」とは思います。でも、「事実」として(1)のおねーちゃんは平気だし、(2)のサラ金会社は仕事が成り立っている。

これらの「事実」を支えるもの。それが、文化。

そんな気がするのです。

黒川裕一


今週は、水曜、日曜とアウトライン化の集いが続きます。とりわけ日曜は投票前のクライマックス。ぜひご参加下さい!(スケジュールはこちら

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。


at 14:15│Comments(3)文化 

この記事へのコメント

1. Posted by 武田 恭子   2005年05月16日 15:48
初めまして武田です。
素敵なブログですね☆
あなたの素敵なブログを、もっといろんな人との接点に生かしませんか?
先日、知り合いが『恋天ドットコム』と言う、
恋愛をテーマにしたポータルサイトを立ち上げました。
恋愛に限らず、マンネリな日常の不満やお友達作りとしても楽しめると思います。
宜しければこちらのブログランキングに参加しては頂けないでしょうか?
一日5000位アクセスなので多くの方にブログが読まれますし、
いろんな人達に触れる、一つのキッカケになれば幸いです。
今ならオープニングブログなので上位にランキングします!!
あと、無料フリーメールアドレスがもらえるみたいです。
良かったら参加してくださいね♪
「恋天ドットコム」⇒http://www.koiten.com/
ランキングは
http://www.koiten.com/site_entry.cfm
から登録できます。
よろしくお願いします。
2. Posted by 堅祐   2005年05月17日 04:55
僕なりに文化について考えてみました。
文化とはコミュニュティと切っても切り離せない関係もの。例えば、日本のポップミュージシャンがラップをぱくってもラップは黒人ミュージシャンによって生み出されたものであり、それは彼らの文化と切り離せないものであり、日本人はそれを共有していない。村上龍いわく、絶望的に下手くそで、絶望的に頭が悪くて、絶望的に傲慢な日本のポップミュージシャンンが真似したところで、本物ではないし、第一恥ずかしすぎる行為だ。と昔本で読んだことがある。
つまり、胸を張っていえる日本文化とは今、現在ないのではないだろうか。
例えば外人と話をしていて、日本のことを自慢しようと思ったら、頭に浮かぶのは「文化」ではなく「人」だ。イチローを例にとれば、イチローが年間安打数を塗り替えたのなは、イチローだったからであり、イチローを自慢したところで日本の自慢にはならない。
賞賛されるのはイチローだ。
今、現在の日本はメディアが偽物を照らしてそれを目にする日本人といったところだろうか。本物は世界と切り離されていない。
「intersection」が工業的に成功していたら、アメリカで映画を撮り続けていたのではないか。もちろん今までの経験と感じたことを実際行動していると思うから多分違うな。つまりなにがいいたかというと、今やっていることは日本人初で、(もちろん映画じゃない媒体を使って試みてる人は絶対にいる)もの凄いエネルギーがいることだし、その足跡は若者の道しるべにもなる。
文化をつくることとは、ぼくたちが一人の天才より百人の凡人のコンセプトでエネルギー満ち溢れる雰囲気のなかで、みんなで妥協なく考え、力をあわせ、なにかをつくっていく。そしてそれを外に吐き出すことではないだろうか。それが世界中に知れ渡り、広まることではなだろうか。
3. Posted by sino   2005年05月20日 00:15
 こんにちは、私も文化について少々。
 
 文化
 ?生活を取り巻く全ての
 ?最も大衆的なもので
 ?外形だけではなく
 ?人々の気風そのもの
 簡単には変えられないことばかりです。だからこそ変えるのは難しい。 
 それではどうするのか?きっと「主体的に個々人が成熟させること」が必要なんです。
 映画という媒体を使うのであれば、作り手だけじゃなく見る方の役割も大切じゃないでしょうか。琴線に触れ、そこから新たな文化が始まるんだと思いますよ。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字