映画とプロレスなぜボクらは光にひかれるのか

2005年04月26日

かかわる

脚本決定まで、あと35日。「光」については新たにだいてんさんと美和さんから、「プロレス」についてはしの次郎さんとKentさんから、それぞれコメントをいただきました。ありがとうございます。反応を直に感じることが出来ると、書く方にも力が入ります。今後、これらのテーマをはじめとして意見を交わし続け、話を深めていきましょう。変わらずよろしくお願いします。 

今日は大学時代の友人より、本当にありがたいメールをいただきました。彼は現在関東地方で活躍する弁護士。学生寮で4年間の長きに渡って寝食を共にした縁で、今なお付き合いを続けさせてもらっています。

メールの中で、先日このブログに記載した「著作権」の件について、法律家としての見解を示してくれました。以下、抜粋します。

「基本的に、黒川君のご指摘のとおり、アイデアは著作権によって保護されません。したがって、脚本を作っていくために、いろいろなアイデアが出されても、最終的に脚本という形でまとめ、表現するのが黒川君であれば、その脚本の著作者(著作権者)は、黒川君になると考えていいと思います。 <中略> ただ、例えば、黒川君の作った脚本について、皆で種々討議し、黒川君以外の人たちが、共通の構想の下に、実際に脚本に種々手を加えたり、台詞の補充訂正をしたりして、しかも、その寄与が質的にも量的にも創作性のあるものとして評価されるようなレベルに達していた場合(対概念は「補助者」です)、「共同著作」と評価される余地はあると思われます。 <中略> 仮に、共同著作と評価されるようなことになったときには、告知をしていた場合でも、共同著作者の氏名を作品中に表示する必要がありますので、念のため付記しておきます」

なるほど。よく分かりました。

そもそも、ボクは創作にかかわってくださる方は全員が「共同著作者」だと考えており、当然作品中に表示させていただくつもりです。それが「みんなで力を合わせてつくった」ことを目に見える形で示すことになると信じますし、「みんなでがんばったなあ」と後々振り返るきっかけにもなると思うのです。

彼もまた、一人の友人のみならず法律家として、アイデア出しとは別なところでこのプロジェクトにかかわってくれました。ありがとう!

こうして、一人一人がそれぞれに何かを持ち寄り、自分なりのかかわり方で力を合わせ、その先に大きな花が咲く日がやってくればうれしいですね。その日を楽しみに、今日もがんばります。

あなたのかかわり方は?

黒川裕一


at 15:32│Comments(2) 著作権 

この記事へのコメント

1. Posted by あゆみ   2005年04月26日 20:27
「反応を直に感じることが出来ると、書く方にも力が入ります。」
私も、先日「藤沢市から、エールをありがとうございました。」という反応をいただいて、とてもうれしくなりました。私に限らず、ここで、どなたかがどなたかと反応しあっているのを目の当たりにするたびに、温かく、うれしくなります。
2. Posted by のざきゆうこ   2005年04月28日 00:41
ゆうこ@大阪です。
アイデア出し、盛り上がってますね!
残念ながら5月1日の投票にはいくことができませんが、会の成功を祈っております。
それにしても。
「物思いにふけって」はいたものの、
映画の種をつくるのは至難の技ですねぇ。
改めて自らの知的生産性の低さを実感しました。
広告作りも企画提案も、
楽しいと同時に、苦しい営みです。。。
↓↓>あゆみちゃん、元気??
最近、藤沢の面白いOBとなかよくなったから、
今度紹介します☆大阪にもきてよー

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
映画とプロレスなぜボクらは光にひかれるのか