第5回・アイデア出しの集いボクらの足跡

2005年04月19日

見落としていました

この日誌をアップしようとしたら、なぎささんとキューティブラックさんからのコメントが飛び込んできました。がぜん元気が出てきて、眠かった頭もすっきり。ありがとうございます。

日ごろからお世話になっている方(熊本市在住のお医者さんです)とつい先ほどまで会食させていただき、その席で率直なご助言をいくつも賜りました。

その中のひとつが、脚本および映画の「著作権」について。なるほど、「みんなでアイデアを出す」というボクらのやり方からは、当然この問題が発生するわけです。あいまいにしておくのはフェアではありませんので、直ちに明記し、皆さんのご意見を問うことにいたしました。

(1) このブログ上で交わされた言葉や、集会において出されたアイデアは、「素材」として映画に最大限生かされるが、脚本や映画そのものではない。従って、これらの提供者は「著作権者」にはあたらず、「素材」の提供について一切の報酬を請求する権利を有しない。

(2) 脚本および映画の「著作権者」は、皆様からの「素材」のご提供を当然視すべきではないこと、ならびにこのプロジェクト(映画革命)の究極目的が「熊本を世界一の映画のまちにすること」であることに鑑み、経費差引き後の純利については同目的達成のために使用する義務を負う。

上記のようにさせていただきたいのですが、いかがでしょうか? 

「ご提供いただいたアイデアには著作権が発生しませんが、このプロジェクトの利益は著作権者個人のためでなく目的達成のために使うことをお約束しますのでご理解ください」というお願いだと受け取っていただければ幸いです。言葉が足りていなければ訂正、加筆いたしますので、フィードバックをお願いいたします。

脚本決定まで、あと42日。見落としていたことをご指摘くださる先達の存在がありがたい一日です。

黒川裕一

at 00:19│Comments(1) 著作権 

この記事へのコメント

1. Posted by なかざと宏   2005年04月20日 01:46
お久しぶりです先日は脚本作成のプロセスを体感でき本当に楽しかったです僕も面白いものを作ってやる!と躍起にっている自分がいました(笑)
今回の著作権の話…「こんな問題があったのだな…」と気づかされた思いです。こんなこと考えもしませんでした。
ツムリ活動に大きく時間を費やしている僕はよくツムリ以外の友達から「なんでバイトでもないのにそんなに頑張るの?」とよく聞かれます。「楽しいから!」と答えますが、変な目でみられたり(笑)
この映画革命に深く深く関わっていらっしゃる方々は、僕の預かり知らないような想いをもって動いておられるのだろうな…と思います。ますます、この映画革命のプロセスが楽しみで仕方ありません。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
第5回・アイデア出しの集いボクらの足跡