2005年05月01日

痛みはなぜ

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと30日。そして、今日は第1回投票の日です!

公募に応じてくださった皆さん、アイデアを提出するまでには至らなかったけれども立ち止まって考えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。集まった約40本ものアイデアから今日、そして最終投票と厳選していきます。その先には、すばらしい脚本が必ず待っています。今後もよろしくお願いいたします。

昨日、かの話題作「オールド・ボーイ」をDVDでようやく見ました。歯を引っこ抜いたり、舌をちょん切ったり、スゴいのなんの。思わず目を背けてしまうほどでした。さすがは、「パルプ・フィクション」のタランティーノ監督ご推薦…。

そこでふと思ったこと。映画を見ているとき、「痛み」は他のどの感覚よりも強く、直に伝わってきませんか?

「ハスラー」で主人公が指をへし折られる場面、「トゥルー・ロマンス」でヒロインが暴漢にタコ殴りにされる場面、「ブレイブハート」で主人公が拷問される場面…。スクリーンという2次元世界の出来事なのに、痛みだけは3次元。こちらまで、痛い。

なぜ?

黒川裕一

<第1回投票>
日時: 5月1日(日) 午後1時から2時まで投票。その後、直ちに開票。
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。

at 07:56|PermalinkComments(0) 感覚 

2005年04月30日

静止音

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと31日。このブログを書き始めて、ちょうど1ヶ月が過ぎました。毎日休まずに書き続けてこられたのは、読んでくださるおひとりおひとりのおかげです。あらためて心から感謝申し上げます。今後も変わらずよろしくお願いいたします。

いよいよ、明日は第1回投票。昨日あたりから、仕事の手を止めたときなど、ふとした拍子にゾクゾク感がやってきます。参加者のみなさんによってどんなアイデアが選ばれるのか、本当に楽しみです。

さて、久しぶりに「音」について今日は書きます。(以前投げかけた、「(映画において)なぜ雰囲気は音によって決まってしまうのか」という論点についても、今後書きます)

「写真」と「音」はどこが本質的に違うのか? 「前者は時間を含まず、後者は時間を含む」というのがひとつの答え。だから、「静止画」とは言うけれども「静止音」とは言わない。時間を含まない音、すなわち「静止音」はありえない?

「静止画」を重ねてパラパラまんがのようにすれば、「動画」になります。実際、映画は静止画の積み重ね。1秒間に24コマの静止画が記録され、再生される仕組みになっています。スクリーンやテレビ画面に映し出されたものは、「動いている」のではなく、「動いているように見える」だけなのです。

では、同じことが音でも出来るのでしょうか? 「静止音」をパラパラまんがのようにつないで、「(時間を含む)音」をつくることは出来るのでしょうか?

黒川裕一

<第1回投票>
日時: 5月1日(日) 午後1時から2時まで投票。その後、直ちに開票。
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

追伸
記事数が増えてきましたので、参照しやすいようにカテゴリー分けしてみました。ご活用ください。

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。


at 07:49|PermalinkComments(0)  

2005年04月29日

「種」は誰もが

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと32日。いよいよ、第1回投票日が明後日に迫りました。

投票の際に閲覧できるよう、「アイデア(脚本の種)候補」の一覧をつくっています。映画に出来そうと直感させられるものが少なからずあり、応募してくださったみなさんの感性に脱帽。

「加工」には、さすがにプロの手も必要。でも、「種」は誰もが持っている。だから、みんなでやれるし、やりたい。あらためてそう思いました。

このプロジェクトの中核メンバーであるTさんから、エールが届きました。

5月1日、人集めます!
50人以上声かけます!
為せば成る!!

うれしいですね。ボクもそう信じています。

為せば成る。

黒川裕一

<第1回投票>
日時: 5月1日(日) 午後1時から2時まで投票。その後、直ちに開票。
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

追伸
ところで、三大キーワードのひとつである「開放系」の好例として先日触れた、「Fight Club」のエンディングをどなたか見てくださいましたか?

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。


at 08:00|PermalinkComments(4) 制作日誌