2005年06月08日

第一関門突破

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと61日。(作品「サンズ」についてはこちら) 

昨日の早朝更新に続いて、今度は深夜更新。最近、不規則な生活が規則化しています。ううむ。

監督のいない映画」とはいえ、まとめ役はいないと。「オレについて来い」はナシといえども、まずは自分が楽しくがんばらないと。

とはいえ、このところ全力疾走が続き、さすがに少々疲れ気味。今日も床の上で昼寝してしまいました。しかし、いいニュースが。昨日一日のアクセス数は、

564

4月1日の開設以来、2ヵ月後にして始めて500を超えました。当時から「まずは毎日1000アクセスしていただけるブログに」と願っていただけに、第一関門を突破した気がしています。

大きな夢への小さな一歩。


黒川裕一

今月下旬から全国縦断オーディションが始まります。広がる出会いと可能性。お申し込みはこちらから!

みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 02:39|PermalinkComments(3) 制作日誌 

2005年06月07日

HINAMIのイメージ

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと62日。 正式決定したプロジェクト名・HINAMIが大好評。ありがとうございます。脚本と同じく、これもみんなで知恵を出し合い、話し合って決めました。今になってみれば、不思議なくらいすんなりと決まったのも必然だったような気がします。

昨日は本当にたくさんの方々にコメントを賜りました。k.kawamotoさん、かずきさん、あゆみさん、篠田さん、だいてんさん、りり♂さん、おまけにGAGA宣伝部さんまで、ありがとうございます。個別に返すことが出来ず申し訳ありませんが、今後もますますよろしくお願いいたします。

今日も早朝更新。HINAMIというプロジェクト名も決まり、オーディションの告知など、動きがいよいよ本格化してきたので、HP更新をまとめて行っていたら夜が明けていました。映画化が決定した「サンズ」(仮題)についても新たにページをつくりました。今後制作が進むにしたがって更新していきますので、お楽しみに!


ボクにとってのHINAMIのイメージは、
HINATA+MINAMI


思い出すのは、「北風と太陽」。

北風のように強引にではなく
太陽のようにおだやかに

それが、ボクらの革命。

銃を持たず、血を流さず、世界を変える。


黒川裕一

今月下旬から全国縦断オーディションが始まります。広がる出会いと可能性。お申し込みはこちらから!

みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 05:00|PermalinkComments(0) 制作日誌 

2005年06月06日

プロジェクト名・正式決定

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと63日。 昨日の「脚本づくりのつどい・第1回」も大成功。わずか2時間で最重要ポイント5つ(エンディングのイメージなど)を全て網羅し、大幅前進。今週末(6月12日)の第2回には、脚本初稿をお見せできることになりそう。いいペースです。

さらに、その後プロジェクト名が正式決定。それは、

HINAMI

ひなみ 【日並(み)/日▽次】
(1)暦の上での日の吉凶。ひがら。
「―がよい」
(2)毎日その事をすること。
「―の手習したるに/読本・春雨(目ひとつの神)」
(3)(日記などに記す)日の順序。   ?三省堂「大辞林 第二版」より

上記(2)が、このプロジェクト名の意味するところ。すなわち、
ボクらの映画革命は、
映画という「非日常」を日常化する。

映画に携わることで感性が研ぎ澄まされ、ふと何かに気づくようになり、それが日々の生活を豊かにする。

映画をともにつくることを通して、みんなで力をあわせて物事を成し遂げることの楽しさや喜びを知り、日々の生活に生かしていく。

ボクらの映画革命が「文化」となったとき、それは人々の日常の一部となる。

「映画ではなく、文化をつくる」とは、そういうこと。
ボクらには、それができる。

HINAMI?熊本発・映画革命
今後ますますよろしくお願いします。


黒川裕一

 今月下旬から全国縦断オーディションが始まります。広がる出会いと可能性。お申し込みはこちらから!

みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 05:52|PermalinkComments(5) 制作日誌