2005年05月03日

ものつくりを生業にしてきた理由

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと29日。

一昨日の第1回投票について、えみさんより、「自分の出したアイデアに誰かが投票してくれたこと(がうれしかった)」とコメントをいただきました。ありがとうございます。

そうなのです。本当にうれしいのです。なぜ、こんなにうれしいのでしょうか?

自分のアイデアを他の誰かが認めてくださったこと。・・・うれしい。「このアイデアを通して自分が取り組み、表現したかった『思い』は、決して自分だけが感じているものではない」と確信できること。・・・更にうれしい。

「ひとりひとり別な顔をしたボクらが、深いところでつながっている」というこのカンカク。

振り返ってみれば、これがうれしくて、ボクはものをつくることをずっと生業にしてきたような気がします。

Yukoさんからは、不在者投票についてコメントをいただきました。ありがとうございます。実は、メールでも同様のお問い合わせを幾人かの方からいただき、検討いたしましたが、今回は見送らせていただきました。最も大きな理由は、不在者投票用にアイデアをネット上で公開した場合、盗用されるリスクを避けることができないことです。投稿してくださったおひとりおひとりの知恵と感性の結晶をこのような危険にさらすべきではないと考えました。ご理解賜れれば幸いです。

しかし、不在者投票がネット上でできるようになれば、参加の輪がより広がるのも事実。アイデアがありましたら、ぜひコメントをお願いいたします。

明日はいよいよ第2段階の幕開け。(今後の予定はこちら!) ご参加をお待ちしています!

黒川裕一

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。


at 17:16|PermalinkComments(0) 制作日誌 

2005年05月02日

投票結果がでました!

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと30日。いよいよ目前に迫りつつ感があり、身が引き締まります。

昨日は第1回投票日。ゴールデンウィークまっただなか、しかもあいにくの雨にもかかわらず、50名を超える方々に足をお運びいただきました。本当にありがとうございました。

ご来場くださった方々が投票用の資料を読んでおられるときの真剣なまなざし、そして少なからぬ方々が開票まで残ってくださったという事実。これらを目の当たりにしたとき、常々このブログで主張してきたことはやはり間違っていなかったと確信しました。

映画ではなく、文化をつくる。
ボクらには、それができる。

応募38通の中から、以下の9つが名誉ある第1回投票通過作品に選ばれましたのでご報告いたします。(タイトルはいずれも仮)

1位 スローモーション
2位 花咲かばあさん
3位 @地下室
4位 送り主、不在
5位 喧嘩のない三角関係
6位 爆笑王
7位 家族の絆
8位 ひかりのどけき
9位 「みんな」という「私」

投票結果の詳細については、こちらをご覧ください。

これら9つをこれから約1ヶ月かけて徹底的にたたき、アウトライン化します。もちろん、みんなでやります。そして5月29日の最終投票へ!(今後の予定はこちら!)

早速、明後日に第1回のアウトライン化を行います。

日時: 5月4日(水)午後9時半過ぎから11時まで
会場: ギャラリーキムラ(熊本県熊本市水道町3-5-B1, 327-0166)

第1回投票通過9作品中、まずは以下の3つから。
・ @地下室
・ 爆笑王
・ 「みんな」という「私」 

「アイデア出し」から始まったみんなの集いも、いよいよ次の段階へ。ますます楽しく、実りある時間にしていきましょう。

今後も変わらずよろしくお願いします。

黒川裕一

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。


at 10:06|PermalinkComments(4) 制作日誌 

2005年05月01日

痛みはなぜ

初めてこのブログを読まれる方はこちらからご覧ください。

脚本決定まで、あと30日。そして、今日は第1回投票の日です!

公募に応じてくださった皆さん、アイデアを提出するまでには至らなかったけれども立ち止まって考えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。集まった約40本ものアイデアから今日、そして最終投票と厳選していきます。その先には、すばらしい脚本が必ず待っています。今後もよろしくお願いいたします。

昨日、かの話題作「オールド・ボーイ」をDVDでようやく見ました。歯を引っこ抜いたり、舌をちょん切ったり、スゴいのなんの。思わず目を背けてしまうほどでした。さすがは、「パルプ・フィクション」のタランティーノ監督ご推薦…。

そこでふと思ったこと。映画を見ているとき、「痛み」は他のどの感覚よりも強く、直に伝わってきませんか?

「ハスラー」で主人公が指をへし折られる場面、「トゥルー・ロマンス」でヒロインが暴漢にタコ殴りにされる場面、「ブレイブハート」で主人公が拷問される場面…。スクリーンという2次元世界の出来事なのに、痛みだけは3次元。こちらまで、痛い。

なぜ?

黒川裕一

<第1回投票>
日時: 5月1日(日) 午後1時から2時まで投票。その後、直ちに開票。
会場: 熊本市中央公民館(353‐0151 熊本市草葉町5‐1)

この日誌を明日も読みたいと思ってくださった方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。

at 07:56|PermalinkComments(0) 感覚