2006年05月03日

ありがとうございました

全国縦断オーディション(東京、大阪、熊本)

「黒川裕一のCINEMA ANGLE」(熊本県民テレビ?番組名「ガラポン」)。次回放送は5月16日(火)夜12時50分?。お題は「ショコラと神の交わるところ」 このコーナーのライブ版がこちら

HINAMIのホームページ
----------------------------------------

第2回東京上映会(+「30分でできる映画づくり」ワークショップ)
?6月3日(土)18時30分より
*座席数に限りがありますので予約が必要です。今すぐこちらへ!
*ウチの近くでも上映会を!という方は、こちら
----------------------------------------

HINAMIの原点ことばの学校参加者募集中!
→東京から、京都から、遠距離通学者が続出したあの学校が帰ってきます。年に一度きり、先着50名限定。5月9、10、11日に無料デモ講座「発信力の高い自分になる」。詳細はこちら
----------------------------------------

手ごたえ。

昨日は、午前6時からある経営者団体のモーニングセミナーで1時間の講演。「ことばの学校」の広報も兼ねて、「コミュニケーション力が生き残りを決める」という話をさせていただきました。

いわゆる「講演」ではなく、簡単なワークショップ込みの、体感型イベントにするように工夫してみました。朝早くから1時間も人の話を聞くのは容易ではなく、睡魔との闘いになってしまいそうですし、そもそもここに参加されている方々は全員がボクよりもはるかに年上の大先輩方。一方的に「講釈」を垂れるのは、そもそもおこがましいと思ったのです。

おかげさまで、来週開催する「第2期ことばの学校・無料デモ講座」に多数お申込みをいただき、ずっしりと手ごたえを感じた次第。

機会を与えてくださったことに心から感謝します。


「HINAMI」への感想、いよいよ関西編に突入です。(これまでお寄せいただいたご感想の数々はこちら!)

「映画を見終わった時と今では思い出すものが変わってきたのです。人物では、あの何にも話さないおばあさんの顔が残っていたのです。でも、今日になると、走ってる女の子のあの後姿とあの靴音。前衛的、というのでしょうか、これまでの映画とは表現手法が違うのですね。わかる映画ではなく、感じる映画という言葉がわかるような気がします。そして、見る度に感じ方が変わりそう・・。生があるから死があり、死は隣り合わせにありながら日常から忘れている・・・。静と動、硬さと柔らかさ、新しさと古さ。気持ちによっていろんな事を思い出させてくれる映画です。また明日になれば違うこと感じるかも。不思議な映画でした」(女性)

HINAMIをより大きく育てるために、あなたのご意見が必要です! コメントに対する再コメントもぜひ。どうぞよろしくお願いいたします。

黒川裕一

----------------------------------------

ブログランキング←一日一押し。お願いします!
----------------------------------------



at 08:53|PermalinkComments(3) 「HINAMI」感想 

2006年05月02日

このまま

全国縦断オーディション(東京、大阪、熊本)

「黒川裕一のCINEMA ANGLE」(熊本県民テレビ?番組名「ガラポン」)。初回放送は5月2日(火)夜12時50分?。お題は「ダイ・ハードとバブル経済」。このコーナーのライブ版がこちら

HINAMIのホームページ
----------------------------------------

第2回東京上映会(+「30分でできる映画づくり」ワークショップ)
?6月3日(土)18時30分より
*座席数に限りがありますので予約が必要です。今すぐこちらへ!
*ウチの近くでも上映会を!という方は、こちら
----------------------------------------

HINAMIの原点ことばの学校参加者募集中!
→東京から、京都から、遠距離通学者が続出したあの学校が帰ってきます。年に一度きり、先着50名限定。5月9、10、11日に無料デモ講座「発信力の高い自分になる」。詳細はこちら
----------------------------------------

眠い。

今日は、ある経営者団体のモーニングセミナーで講演をさせていただきます。なんと、開始は午前6時! 今寝ると起きれそうにありませんので、このまま突っ走ります。

眠い。
ううむ。
うううむ。

演題は、「コミュニケーション力が生き残りを決める」。

このブログでもご紹介している、HINAMIの産みの親であることばの学校の広報も兼ね、語らせていただきます。

このような場に臨むこと自体、自らのコミュニケーション力が試される絶好の機会。

楽しんできます。

黒川裕一

----------------------------------------

ブログランキング←一日一押し。お願いします!
----------------------------------------



at 02:55|PermalinkComments(0) 制作日誌 

2006年05月01日

撮影班、今年も行きます

全国縦断オーディション(東京、大阪、熊本)

「黒川裕一のCINEMA ANGLE」(熊本県民テレビ?番組名「ガラポン」)。初回放送は5月2日(火)夜12時50分?。お題は「ダイ・ハードとバブル経済」。このコーナーのライブ版がこちら

HINAMIのホームページ
----------------------------------------

第2回東京上映会(+「30分でできる映画づくり」ワークショップ)
?6月3日(土)18時30分より
*座席数に限りがありますので予約が必要です。今すぐこちらへ!
*ウチの近くでも上映会を!という方は、こちら
----------------------------------------

HINAMIの原点ことばの学校参加者募集中!
→東京から、京都から、遠距離通学者が続出したあの学校が帰ってきます。年に一度きり、先着50名限定。5月9、10、11日に無料デモ講座「発信力の高い自分になる」。詳細はこちら
----------------------------------------

よっしゃ。

たった今まで、HINAMI2006撮影チームのミーティング。2005作品「HINAMI」の徹底検証。2006作品「みんなの日記」を「HINAMI」の100倍素晴らしい作品にすべく、今の段階でしっかりと見直し、達成点と反省点を総ざらいしておこうというわけです。なんと昼食休憩を挟んで4時間ぶっ通し。すごい集中力。

実り多き、そしてやる気が満ち溢れてくる4時間でした。このチームならば、絶対にいいものができる。そう確信しました、改めて。

「みんなの日記」、期待してください。どうぞよろしく!


さてさて、昨日のクラブ「一鴻」のお話が思わぬ反響を。nozaki yukoさんとepiphanyさんのおふたりからコメントが。ありがとうございます。

本当のところ、クラブとは何を売っている場所なのでしょうか? yukoさんによれば、「社交」。

うん。それもありそう。

もう少し、みんなで考えてみるのも楽しかろうと思います。お気軽にコメントくださいませ。


黒川裕一

----------------------------------------

ブログランキング←一日一押し。お願いします!
----------------------------------------



at 14:25|PermalinkComments(0) 制作日誌