2005年04月13日

記憶

脚本決定まであと48日。出張から無事戻りました。

昨日の「視覚おそるべし」について、早速たくさんのコメントをいただきました。ありがとうございます。その中でえみさんが触れている「山田テツヤ」さんと、昨日は東京でたっぷりアイデアを交換させていただきました。

彼のあふれる才能については、論より証拠。右のリンクをクリックしてみてください。

テツヤさんとは知り合ってまだ半年あまり。出会った瞬間、すぐにも一緒に何かを企てるだろうと確信。何気なく言葉を交わすだけでいいアイデアが引き出され、ワクワク、ゾクゾクすると同時に心安らぐ稀有な存在です。近々熊本にも来てくださる予定ですので、お楽しみに!

昨日のテーマは、「記憶」。テツヤさんに「今一番気になっていることは何ですか?」と聞いたところ、すぐに返ってきたのがこの言葉。ボクのアイデアノートにも最重要ワードのひとつとして書き込まれており、即決定。

紙や活版印刷術の発明からIT革命に至る、「記憶から記録へ」のパラダイムシフト。より正確な「記録」の共有によって、人類全体の知的生産性は加速度的に向上し、文明は今に至っています。その一方で、「記憶」が舞台の脇へと押しやられてはいないでしょうか? 「記憶する存在」であったはずのヒトは、今や「記録する存在」におとしめられてはいないでしょうか?

話し合いでは、テーマをトピック化するために、いろいろな「問い」を立ててみました。例えば、以下のような感じです。

「(新しいことを)おぼえられない」と「おもいだせない」。どちらか一方を選ばなければならないとしたら、あなたはどちらを選びますか? それは、なぜですか?

黒川裕一

at 14:03|PermalinkComments(1)記憶 

2005年04月12日

視覚おそるべし

「アイデア出しの集い」に参加しくださっただいてんさんより、「(「鼻」や「臭覚」から連想を広げようと試みた際に)鼻の形がマクドナルドに似ている、とか。洞窟っぽいとか、形から形へという連想が多かったのですが、それは視覚的な連想のような気もする。視覚おそるべし」とのコメントをいただきました。ありがとうございます。

言うまでもなく、現代は視覚優位の時代。今も、ボクはパソコンのディスプレイを見ながら書いており、五感の残り四つを特に働かせているわけではありません。

しかし、だいてんさんも書いておられる、言葉にすることが難しい、なつかしい「あのにおい」。あるいは、「あの音」。「あの味」。「あの手触り」・・・。それらはときに、目で見た「あの光景」以上に強烈な身体感覚を呼び覚まし、時間も空間も一気に飛び越えて、内なる遠い世界へと連れ戻してくれます。

それを映画でどう表現するか。皆さんと一緒に知恵を出し、試みてみたい。その結果、ボクら現代人の中に視覚以外の感覚がよみがえってきたら、どんなにすばらしいことか。脚本決定まであと49日となった今日、出張先でそんなことを考えています。

黒川裕一

at 10:00|PermalinkComments(3)制作日誌 

2005年04月11日

感動のやってくる場所

いよいよ脚本決定まであと50日。

「体感系」(4月5日)の「ヒトの進化の原点は、感動である」という言葉に関して、一緒に仕事をさせていただいている出版社の方より以下のようなコメントを賜りました。ありがとうございます。

「感動は大切なものであるということ、それが失われている昨今、復古させるべきであるということは私も非常に共感できますが、その『感動』を物語の中で発動させる『装置』をどうするか、ということだと思います」

すなわち、「『逆境を切り開き、それを通して成長する主人公』のようなよくあるパターンの先に、新しい装置はないものか」ということですね。

そうなのです。いわゆる「いい話」は出尽くした感があるのです。「古代ギリシャや中国から、物語の骨組み(構造)などさして変っていない」と指摘する文学者すらいるほどです。

ならば、それ以外の場所に可能性を求めることは出来ないのか?

昨夜の「第3回・アイデア出しの集い」のテーマは「五感・身体・なつかしさ」でした。例えば、かの有名な「私の耳は貝の殻 海の響きをなつかしむ」(ジャン・コクトー)。「耳」と「貝の殻」が意識の中で重なり合ったその刹那、海の遠い記憶へと連れ戻されるほどにボクらの身体は鋭敏です。ここに、物語の筋やキャラクターの成長以外の場所からやってくる「感動」の引き金がありはしないか?

「耳」と「貝の殻」を意識の中で重ね合あわせる営み…連想。呼び覚まされる身体感覚…体感3つのキーワードのうちの2つが、こうしてつながります。

では、「開放系」はどこに?

黒川裕一

at 04:06|PermalinkComments(2)制作日誌