2006年01月19日

なんと高級クラブで

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと9日。 ついにあと10日を切りました。ゾクゾクが止まりません。武者ぶるい。

piyoyo☆さん、健司さん、コメントありがとうございます。最近、毎日コメントがあるので、ブログランキングとあいまって心強い限りです。

ランキングといえば、今日の順位は?(ブログランキングの仕組みはこちら


プレイベントもいよいよ大詰め。
追加開催が、これから3件!
しかも、全て主催はボクらスタッフではなく、このプロジェクトへの参加者なのです。
最後の最後にきて、追い込みを助けてくださる人がひとりならずいてくださる。
本当にありがたいかぎりです。

なんと、熊本の誇る高級クラブ「一鴻」でも、追加開催が決定。
オーナーの黒田博子さんは、「組長の妻」としてこの映画にも出演されているのですが、5歳の頃から培ってきた日本舞踊式の立ち居振舞いが実に美しく、撮影時にはあまりの格好良さにスタッフが拍手喝さいしたほどです。
プロモーションにおいても格別のご協力を賜り、今月15日に一鴻にてプレイベントを開かせてくださいました。

高級クラブで、HINAMIのプレイベントですよ。
たった一度きりでも、異例のことです。
いわゆる「クラブ」とはまるで縁のないイベントを打たせていただいたわけですから。
ところが黒田さんは、「楽しかった!」とよろこんでくださり、自らあと2回も主催すると申し出てくださったのです。

「異例」とは書きましたが、よくよく考えてみれば、クラブとは「社交場」を意味するはず。
ならば、映画を通して人々が触れ合い、楽しみ合うことは、クラブの存在意義そのものなのかもしれません。

先ほど電話で確認させていただいたところ、「一鴻でのプレイベントには、どなたでもお気軽にお越しいただきたい」とのこと。
そこで、このブログ上で告知することにいたしました。

===========================

1月20日(金)午後5時から6時まで @一鴻
1月21日(土)午後3時から4時まで、4時から5時まで @国際交流会館
1月22日(日)午後5時から6時まで @一鴻

===========================

プレイベントのラストを飾るにふさわしく、
特別企画を実施いたします!

何をやるかは、内緒。
見てのお楽しみです。

来ないと絶対損しますよ?。
お待ちしています!


予告編の第7弾、ゆうこ編をアップしました! ついに全ての予告編が出揃いましたが、これらがどうつながり、ひとつの大きな物語を織り成すか…。どうぞ本編を楽しみにお待ちください! 予告編のページはこちら

昨年末から年初にかけて怒涛の如く開かれた予告編上映会の反響はこちら! 


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをワンクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 16:34|PermalinkComments(0) 制作日誌 

2006年01月18日

映画の島

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと10日。 iceさん、コメントありがとうございます。チケット販売の最後の一押しに感謝! こんなふうに力をあわせてラストスパートしつつプレミア当日を迎えられることが、たまらなくうれしいです。5000枚用意したチケットも、本当に残りわずか。今週末までに売り切る勢いで、「販売」という名の出会いを楽しみましょう!


今日も1位かな…?(ブログランキングの仕組みはこちら


今日は、大牟田にある福岡県立ありあけ新世高等学校にお邪魔してきました。縁あって一度新入生の皆さんの前で話をさせていただいたことがあり、「本当に映画をつくったよ!」と報告をしにうかがったのです。生徒会長の中村さんをはじめ、拍手であたたかく出迎え、送り出してくださいました。会自体もとても盛り上がり、めずらしく体調がよくなかったのですが、すっかり忘れるほどでした。ありがとうございました。

会が終わると、すぐにひとりの男子生徒がボクに食らいついてきました。宮崎龍太さん。映画をつくるのが夢だそうです。「生意気なようだけど、自分のやりたいことを先にやられているようで、悔しい」とおっしゃっていました。

それを目ざとく見つけた福永校長先生。すかさず、「あんまり時間はないけど、よかったら校長室で話をさせてもらったら?」 自ら校長室の鍵を開け、ボクらふたりが話せるように計らってくださいました。

実は、福永さん(あえて、「先生」ではなく、「さん」と呼ばせていただきます)は、福岡県初の民間からの学校長。一人の生徒のために校長室を開放するというやさしさと柔軟さに、お人柄のみならず民間企業で鍛えられた感性がにじみ出ているのを感じました。

宮崎さん、一緒に映画をつくりましょう。あなたのような人が次々に出てくれば、九州は必ず映画の島になります。そしたら、きっとおもしろいことになりますよ!


予告編の第7弾、ゆうこ編をアップしました! ついに全ての予告編が出揃いましたが、これらがどうつながり、ひとつの大きな物語を織り成すか…。どうぞ本編を楽しみにお待ちください! 予告編のページはこちら

昨年末から年初にかけて怒涛の如く開かれた予告編上映会の反響はこちら! 


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをワンクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 02:20|PermalinkComments(2) 制作日誌 

2006年01月17日

変化は

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと11日。 りり♂さん、コメントありがとうございます。プレミア当日にお目にかかれるのを楽しみにしています!


さて、今日は何位かな…?(ブログランキングの仕組みはこちら


作曲家の光永さんとのセッションがいよいよ大詰め。お互いにアイデアがあふれ出てきて、止まらなくなってきました。作品のキモを「これだ!」とふたりともつかまえた感じです。2度行ったプレス試写のバージョン(これで9割がた完成していたはずだったのですが)から、かなり変えてしまいました。それは、とても怖いこと。でも、自分を信じて、失敗を恐れず、変え続けたいのです。

変化は力。


予告編の第7弾、ゆうこ編をアップしました! ついに全ての予告編が出揃いましたが、これらがどうつながり、ひとつの大きな物語を織り成すか…。どうぞ本編を楽しみにお待ちください! 予告編のページはこちら

昨年末に怒涛の如く開かれた予告編上映会の反響及び新年の予定はこちら! 


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをワンクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 05:14|PermalinkComments(2) 制作日誌