2005年06月01日

一滴の言葉

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


撮影開始まで、あと68日。 昨日募集を開始したばかりだというのに、オーディションのボランティアスタッフに早速名乗りを上げてくださった方が。輪が広がっているのを直に体感できて、本当にうれしいです。ありがとうございます。

だいてんさん、美和さん、cloverさん、りかさん、あゆみさん、コメントありがとうございます。個別にご返事できなくて申し訳ありませんが、どうかこれからも感じたこと、思ったこと、考えたことをお気軽にお書き込みくださいませ。

cloverさんご推薦の「不思議惑星キン・ザ・ザ」は、ボクも探しました。ビデオ店をはしごして。でも、見つからなかったのです。…ううむ。ますます見たくなってきました。どなたか、コピーをお持ちではありませんか?


さて、投票結果について、本当に多くの方々にメールをいただきました。この場にて心から御礼申し上げます。ありがとうございました。

ひとつだけですが、賜った言葉を紹介させてください。ボクの尊敬する京都在住の医師からです。

「私は黒川さん達の映画革命を『Inside Out』で始めるのではなく、『サンズ』で始めることを心から喜んでいます。『Inside Out』で自分たちの姿(現在)を自覚する(させる)ことよりも『サンズ』で自分たちのあるべき姿(未来)を見てもらう方が、私たちには生きる糧として必要なのです。広く人の心を捕らえる映画を希望しています。世界の過去現在未来、日本の過去現在未来、そしてひとりの人の過去現在未来、頭の先からつま先まで全部愛しているんだという気持ちが伝わるような映画を『サンズ』で創り上げられること、お願い申し上げます」

この数日間、「サンズ」にあれほど多くの票が集まったことの「意味」をボクなりにかみ締めています。この映画には、きっと「広く人の心を捕らえる何か」がある。それを一滴の言葉にすれば、この方がおっしゃるように、おそらく「愛」。

それを、映画として、どう「かたち」にするのか?

…難題です。今はまだ、はっきりとは見えません。

一緒に考えましょう。
悩みましょう。

「未来」が顔をのぞかせています。
手の届きそうな場所から。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 16:05|PermalinkComments(1)制作日誌 

2005年05月31日

脚本決定

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


ついに、映画革命第1作の脚本が決定いたしました。
(詳細はこちらをご覧ください)


4月1日にのろしを上げてから、2ヶ月。
かかわる全ての者たちが、それぞれにあったかかわり方でかかわり、力をあわせ、ここまできました。

今後は、脚本づくりのつどい全国縦断オーディション(東京、大阪、福岡、熊本を予定)、そして撮影。

撮影開始予定日は8月8日(月)です。

撮影開始まで、あと69日。


初心を忘れないよう、HPのトップページに記した宣言文を再掲します。


ひとりの天才よりも、百の凡人。

力のあわせ方を知りさえすれば
誰だって
何だって
つくれるはずだ。

みんなでつくろう
みんなで楽しもう。


ボクらがどんな時代に生き
何を感じ
分かち合ったのか

足跡にするのだ。

次につなぐのだ。


ハリウッドがリメイクを申し出るような映画が次々と生まれ
人材が育ち
熊本が映画界のシリコンバレーと化す。

そのときボクらは、夢や希望と同時に、静かな自信とプライドを手に入れる。


映画ではなく、文化をつくる。
ボクらには、それができる。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 15:47|PermalinkComments(3)制作日誌 

2005年05月30日

最終投票、無事終わりました!

初めてこのブログを読まれる方、映画革命の全貌をお知りになりたい方はこちらからご覧ください。また、右の「カテゴリアーカイブ」を使えばトピック別にバックナンバーを読めますので、そちらもぜひご利用くださいませ。


脚本決定まで、あと1日。 昨日の最終投票、すばらしく盛り上がりましたね。ご足労いただいた106名の方に、この場を借りて心から御礼申し上げます。

22日の「アウトライン化の集い・FINAL」で不在者投票をしてくださった方が、18名。オンラインで投票してくださった方が184名(うち、FAXでの投票1)。これから脚本を書くという段階で既に総計308名もの方に「票を投じる」という形でかかわっていただき、本当にうれしく、ありがたく思っています。

投票結果、脚本決定の経緯、そして今後の予定は全て明日ご報告いたしますので、楽しみにお待ちくださいませ。


昨日司会を務めてくださったようこさんから、以下のようなコメントを賜りました。ありがとうございます。

「今日の投票では、受付に印刷からあがってきたばかりの資料をみなさんに配っていましたが、それが回収されたときには、人の手にふれられ、じっくりと読み込んでもらい、真剣に選んでくださった空気がふくまれて、厚みと温かみのある資料になって返ってくる様に、ちょっと感動を覚えました。ものづくりは、人にさわってもらわないと完成しないもんなんだなぁ、と妙に納得しましたね」

ものづくりは、人にさわってもらわないと完成しない。

これを読んだときに思い出したのは、10年以上前にお世話になった、ある庭師のことば。「松の木をいじらせれば天下一品」といわれたこの方曰く、「松ってのは、風雪に耐えるほど、枝がしなって味が出てくる。若い松をいじるときには、この『味』をまねるわけだが、年月を重ねた老木には勝てやしない」

松が年月を重ねるように、もっともっと人にさわっていただいて、いい作品にしていきたいですね。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 12:57|PermalinkComments(2)制作日誌