2006年01月06日

メールが一通

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと23日。 

ついに大台突破目前。
まさか、こんなに早く…。
ランキングここまで来てしまいました!

まさに、風雲昇り龍。
ドラゴンボールか
中日ドラゴンズか
はたまた天龍源一郎か。

今日の順位はこちら!(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第7弾、ゆうこ編もアップ目前! お楽しみに。予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


たった今、メールが一通。

<引用ここから>
チケットが足りなくなりそうです。
昼の部10枚、夜の部10枚追加でいただけますか?
ついでの時にでも結構ですのでよろしくお願いします。
<引用ここまで>

送り主はこの事務所のすぐ近くで働いておられる方(女性)で、高校生の娘さんがボクの出身校に在学中だそうです。

直接お目にかかって話をさせていただいたのは2回きり。
にもかかわらず、このように応援の手を温かく差し伸べてくださっています。

縁とはかくもおもしろく、
情とはかくもありがたく。

本当にありがとうございます。
またひとつ、元気と勇気をいただきました。
心からの感謝を込めて。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 17:00|PermalinkComments(1)制作日誌 

2006年01月05日

朋遠方より

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと24日。 yukoさん、健司さん、コメントありがとうございます。

な・な・な・な・なんと。
ランキングが一気にここまで。

単純なことほど、いろいろなことがくっきりと表れるもの。
この急上昇ぶりこそは、ボクらの勢いであり、結束力の象徴です!

今日の順位はこちら!(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第7弾、ゆうこ編を、いよいよもうすぐアップします。お楽しみに。予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


昨日は徹夜。
NPOで力を合わせていろいろなことをやってきた面々が帰省中で、久しぶりに再会。
会えばすぐに元通りになれる。
朋遠方より来たる有り、また楽しからずや。

友達と知り合いの違いについて、ある方がこんなことを言っておられました。
知り合いは、時間があれば会う人。
友達は、会うために時間をつくる人。

徹夜明けでちと眠いですが、気分は最高。
まだまだ行けます!


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 12:13|PermalinkComments(0)制作日誌 

2006年01月04日

素晴らしくなる

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと25日。 

おお。
おおお。
おおおお。

ランキング、急上昇の兆し。
これは、ひょっとすると、ホントにひょっとするかも。
ひとりひとりのワンクリックも、集めるとこんなに劇的な結果につながるのですね。
yuukoさんの呼びかけが12月23日ですから、ここまでわずか10日あまり。(連日のコメントもありがとうございます!)
スゴイの一言。
今日の順位はこちら!(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第7弾、ゆうこ編を、いよいよもうすぐアップします。お楽しみに。予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


この2日間引用させていただいている「されど波風体験」(寺内義和 著)より、今日も一言。
「人間はすごく素晴らしくなる時がありますね。素晴らしい人だからというのではなく、素晴らしくなったら、そのひとはずっと素晴らしいままでもない。でも、素晴らしくなるときがある」(山田太一 脚本家)

力をあわせて懸命に何かに取り組むことの意義のひとつは、決して「素晴らしい人」ではないひとりひとりが「素晴らしくなる」機会をつかむことだと思います。

勇気を振り絞って「お願いします」と頼んでみる。
頼まれたときに、快く引き受ける。

挫けそうなときに励ましあう。
ダメだと感じたところからもうひとがんばりしてみる。

ミスをしたとき、挽回しようと全力を尽くす。
陰にひなたにそれを支える。

そんなことひとつひとつが、「素晴らしくなる」機会ではないかと。
その先に、喜びを分かち合う瞬間がやって来るのではないかと。

プレミア上映に向けてラストスパート。
「素晴らしくなる」瞬間を楽しみに、日々全力で。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 09:41|PermalinkComments(1)制作日誌