2006年01月04日

素晴らしくなる

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと25日。 

おお。
おおお。
おおおお。

ランキング、急上昇の兆し。
これは、ひょっとすると、ホントにひょっとするかも。
ひとりひとりのワンクリックも、集めるとこんなに劇的な結果につながるのですね。
yuukoさんの呼びかけが12月23日ですから、ここまでわずか10日あまり。(連日のコメントもありがとうございます!)
スゴイの一言。
今日の順位はこちら!(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第7弾、ゆうこ編を、いよいよもうすぐアップします。お楽しみに。予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


この2日間引用させていただいている「されど波風体験」(寺内義和 著)より、今日も一言。
「人間はすごく素晴らしくなる時がありますね。素晴らしい人だからというのではなく、素晴らしくなったら、そのひとはずっと素晴らしいままでもない。でも、素晴らしくなるときがある」(山田太一 脚本家)

力をあわせて懸命に何かに取り組むことの意義のひとつは、決して「素晴らしい人」ではないひとりひとりが「素晴らしくなる」機会をつかむことだと思います。

勇気を振り絞って「お願いします」と頼んでみる。
頼まれたときに、快く引き受ける。

挫けそうなときに励ましあう。
ダメだと感じたところからもうひとがんばりしてみる。

ミスをしたとき、挽回しようと全力を尽くす。
陰にひなたにそれを支える。

そんなことひとつひとつが、「素晴らしくなる」機会ではないかと。
その先に、喜びを分かち合う瞬間がやって来るのではないかと。

プレミア上映に向けてラストスパート。
「素晴らしくなる」瞬間を楽しみに、日々全力で。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。



at 09:41|PermalinkComments(1)制作日誌 

2006年01月02日

楽しむ

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと27日。 

さて、今日のランキングは…。(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第6弾、ヤンヤン編はもうご覧になりましたか? 白い花の鉢植えだけが友達の孤独な青年。「兄貴」と慕う人物は、今いずこに? 予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


愛知の毛受芳高さんからいただいた「されど波風体験」(寺内義和 著)という本を仕事の合間に読んでいます。
教育論の読み物としても一級品ですが、引用が適格で印象に残るものばかり。
今後数日に渡り、いくつか紹介させてください。

「一番怖いのは、楽しいという言葉の意味を間違えること。『楽しい』というのは、苦しんで苦しんで最後に出てくる言葉だと思います。下手をすると、楽をすること、苦しさから逃れることを楽しいと勘違いすることがあるのです」(有森裕子 マラソンランナー)


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 11:16|PermalinkComments(1)制作日誌 

2006年01月01日

全速前進

初めてこのブログを読まれる方、「HINAMI?熊本発・映画革命」の全貌をお知りになりたい方は、
HINAMIのホームページをお読み下さい。


プレミア上映まであと28日。 ともこさん、隣人さん、コメントありがとうございます。

ともこさん、今年は一緒に映画をつくりましょう。観るのも楽しいですけど、つくるのはもっとずっと楽しいですよ!

隣人さん、今年も一緒に映画をつくりましょう。まずはオーディションを受けに来てくださいませ。おそらく6月から7月になろうかと。お待ちしています!


人気ブログランキングが、年明け早々息切れ状態??? 今すぐこちらを!(ブログランキングの仕組みはこちら


予告編の第6弾、ヤンヤン編はもうご覧になりましたか? 白い花の鉢植えだけが友達の孤独な青年。「兄貴」と慕う人物は、今いずこに? 予告編のページはこちら

年内最後の予告編上映会は無事終了。反響及び新年の予定はこちら! 


新しい年がやってきました。
2006年。

HINAMIにとって、2005年は実績ゼロからの船出の年。
2006年は、ここまでの成果と実績を武器に更に踏み出す、展開の年。

全速前進。


皆様にとってますます実りある一年となりますように。
心からお祈りしています。


黒川裕一


みんなで力をあわせ、ゼロから始める映画革命。応援してくださる方は、エール代わりにこちらをクリックしてくださいませ。ランキングが上がり、不特定多数の方々の目に触れやすくなる仕組みとなっております。


at 16:54|PermalinkComments(0)制作日誌