2005年04月08日

映画とは

昨夜開かれた「第2回・アイデア出しの集い」のテーマは、なんと「殺人」。賛否両論あれど、人をひきつけてやまないこのテーマ。取り組んでみてもよかろうと。

「伝える・伝わる」がテーマだった第1回に比べ、沈黙の長いこと。参加者一同、なかなかイメージが湧いてきませんでした。身近でないこと、経験がないことを想像するのは難しい。そんな当たり前のことを痛感した1時間でした。しかし、それもまたよし。次に生かしましょう。

さて、山田テツヤさんより、「さあ、京都へ行こう」というキャッチコピーが持つ力についてコメントをいただきました。ありがとうございます。

「説明」や「描写」は、相手とイメージを共有するための手段にすぎません。イメージさえ呼び起こせるのならば、チャンネルは何だっていいわけです。「そうだ、京都に行こう」で足りるならば、それ以上言葉にする必要はない。むしろ、余白を残す方がいい。余韻は音そのものより美しい。

だから、映画とは「いかに見せるか」ではなく、「いかに見せないか」だとボクは信じています。

脚本決定まであと53日。映画の原点ここにあり。

黒川裕一

at 12:21|PermalinkComments(7)制作日誌 

2005年04月07日

第1回・アイデア出しの集い

4月5日の「体感系」について、ようこさんより「頭で考えて、頭で覚えたことが、何とも後に残らないか」というコメントをいただきました。ありがとうございます。

ボクも常々そう感じています。だから、映画においても、観客に対して「説明」し、彼らの「頭」を「説得」するのではなく、他のチャンネルを使ってみたいと思うのです。「連想系、開放系、体感系」というキーワードは、全てそこに絡んできます。

さて、昨夜は第1回・アイデア出しの集いを催しました。おかげさまで12名ものご参加をいただき、くつろいだ雰囲気の中で楽しく、気軽に、そして真剣に意見を出し合いました。本当にいいアイデアは、作家の書斎の中でも、緊張感漂う会議室の中でもなく、こんな場所から生まれてくると信じています。

昨夜の主なテーマは「伝える・伝わる」。参加者にとって今一番必要かつ大切なものを挙げていただいた結果、最終的にこれに落ち着きました。あなたがこのキーワードから真っ先に連想するものは何ですか? それを使って何をどう表現すれば、「説明」することなく、「伝える」ことのよろこびやおもしろさを相手に「体感」してもらえるでしょうか?

わずか1時間半足らずの間に思わずうなってしまうようなアイデアがたくさん出てきて、映画3本分くらいの素材をすでにいただいた気がしています。一部は、このブログでも後日お目にかけるつもりです。ありがとうございました。

なお、本日は午後7時より、月に一度の映画を見る会@ギャラリーキムラ。映画終了後、午後9時頃から10時半まで、第2回・アイデア出しの集いを催しますので、お気軽にご参加くださいませ。

あなたの思いが、映画になる。

脚本決定まであと54日。やはり、映画はみんなのもの。痛感。

黒川裕一

at 07:50|PermalinkComments(4)制作日誌 

2005年04月06日

映画は誰のものか

脚本決定まで、あと55日。

「メディアは誰のものか」という議論が紛糾しているようですね。テレビを見ないボクですら、感じています。

では、映画は誰のものか? 「監督のビジョンを作品化したもの」が映画か?

ボクは、映画における「巨匠(カリスマ監督)」の時代は終わったと思っています。たったひとつの頭を悩ませるよりも、たくさんの頭を縦横につないだ方がよほどおもしろいものが多様に出て来ることを、インターネットが日々示してくれているからです。

それを映画に応用してみたい。ひとりひとりは平凡なボクらの知性と感性を縦横の糸として、それを紡ぎあげたらどんな模様が描かれるのか、見極めてみたい。

この時代の監督は、もはや「ディレクター(指示者)」ではない。「コーディネーター(まとめ役)」である。みんなの化学変化をうながす「触媒」である。

早速、本日アイデアを自由に出す場を設けます。「電影えいご室」終了後、午後9時半過ぎより11時まで、熊本市中心部のギャラリーキムラにて。飛び入り大歓迎。お待ちしています。参加できない方も、何でもお気軽にブログ上にコメントを。全て素材として生かさせていただきます。

映画は誰のものか?
みんなのものである。

黒川裕一

追伸
尊敬する経営者(大阪在住)から、以下のようなエールが届きました。肝に銘じます。
「やってみなわからん!やったことしかのこらん!」

at 09:06|PermalinkComments(2)制作日誌